| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ChaCha*日記


JR80周年記念企画 東栄駅にて
0

    今日はJRの例の臨時号が運行される、それも80周年特別企画というので大騒ぎです。

     

    東栄駅に11時16分着、1分停車という予定です。160人位乗車と聞きました。いつもの秘境駅ツアーかな?いやもうちょっと重そうです。

     

     

     

    奥三河3町村が、おなじみのゆるキャラの着ぐるみでホームでお出迎え、手を振ってあいさつしました。東栄町はイケメン男性の職員も花祭りの榊鬼さまになってアッピールしました。

     

    一時間くらい前から、ちゃちゃカフェの隣の部屋で衣装を用意して、垂れ幕などもそろえて準備です。豊根村も、設楽町も集まってきました。

     

    天竜村は、地域おこし協力隊の男の子たちが電車に乗り込んで特産品を車内販売します。

     

    それぞれに我が町を売り込まなくてはと、この一分間に勝負をかけました。しかし一分間は短かすぎるなあ。電車が来て止まって、あっという間に発車してしまいました。

     

    私もこの賑やかさにつられ、ホームまで見に行きました。電車が来て、「こんにちはー」とやっているとき、中の乗客が殊の外にっこりして私に手を振るので???みるとかずき君でした。

     

    前にちゃちゃカフェブログに載せた、JRマンになったかずきくん。電車が好きで好きで、高校の3年間いつも東栄駅にいて時刻表などを調べ、私たちに電車のことをいろいろ教えてくれたかずきくん。希望通りJRに就職して、確か今は岡崎駅に勤務しています。

    いずれ飯田線の運転手になりたいと言っていたかずきくん、今日の電車に乗っているのもあたりまえかな。

     

    嬉しい出会いでした。

     

    多くの鉄道ファンがいて、飯田線は人気です。

     

     

     

    この列車、明日もまた運行されます。

    |18:56| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
    事件!
    0

      今週は「ええーっ」というびっくりなことが二つありました。

       

      1つ目

       

      8月12日(土)

      12時半の電車で東栄駅に降り立った21人がどどーっとちゃちゃカフェに入って来てくれたのです。

       

      中で常連さんが3人ほどお茶していましたが、びっくりして立ち上がり、隅っこに寄り、どうぞどうぞと席を作ってくれました。水を運んでくれ、何事?と不思議そうな顔。だいたい水のグラスが20個しかなく、慌てて他のをかき集めるという事態です。

       

      可愛いお姉さんが中心でノートを広げ、何やら皆に説明していました。わけがわからないけど、次の2時35分の電車まで、ちゃちゃカフェの店内で滞在するらしいのです。飲食がさっと用意できないと言うと、2時間あるからゆっくりでいいですと言われ、それならなんとかなるかもと思いました。

       

      4テーブル、それぞれに注文書を書いてくれ、台所のカウンター前に貼り付け順番に用意しました。うどん4食、ロールパンサンドイッチ2食、アイスコーヒー2杯、ぜんざい、ケーキ、紅茶、という具合で真剣に手順を考え用意していきました。

       

      ありがたいことに常連の和田さんが来てくれ、台所に入って助手をやってくれました。うどんを茹でる、どんぶりを並べる、皿を洗う、こまごまと次々にこなしてくれます。

       

      そういえば、ランチタイムに揚げ物を手伝ってくれたり、おにぎりを握ってくれたり、常に大戦力になってくれています。

       

      ホールではおじちゃんたちが、ホイホイとできたものをテーブルに運んでくれます。ストローはどこだ?これはどこへ運ぶんだ?

       

      常連さんは全員スタッフになっていました。

       

      この日 うどんだけでも13杯作りました。カフェじゃなくて うどん屋です。

       

      食事が終わって落ち着いたころ、お姉さんから会の説明や、反対にカフェへの聞き取りなどがありました。

       

      ちゃちゃカフェの変人クラブの概要をとても楽しそうに聞いてくれました。

       

      お姉さんは、鉄道アイドル木村裕子さん、鉄学の講師で、皆さんは名鉄カルチャースクールの受講生でした。青春18切符を使った鉄道の旅の実践で今回は飯田線、目的地はちゃちゃカフェだったそうです。

       

      びっくりしました。

       

      木村さんは雑誌コラムなどを書いているので、できたらまた送ってくれるそうです。

       

       

       

      2つ目

       

      8月14日(月)

       

      設楽警察署にお世話になる盗難事件が発生しましたが、みんなのおかげで無事解決できました。

       

      詳細をいったんは書いてしまったのですが、警察の写真その他文章は、いろいろまずいので全削除します。

       

       

       

       

       

       

      |00:38| ちゃちゃカフェニュース | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
      毎日暑いです
      0

        「やあ びっくりした!」

         

        夕方店が終わって隣の部屋に出たら、コンクリートの床の上に枯れ枝のような変な虫。まるでほうきの枝で作ったような虫です。

         

         

        ここふれあい交流館はいろんな生き物が出てきます。

         

        台所を大きな蜘蛛が這っていたり、ムカデが出てきたり…

         

        今でこそ私もギャーギャー騒がずに冷静に対処できるようになりましたが、驚くことが多いです。

         

         

        カラカラに乾いた沢蟹がころがっていたり、大きなトンボが羽音を立ててガラス窓にくっついていたり・・・

         

         

        今日は季節の定期便がちゃちゃカフェに届きました。西村さんが、ビニール袋にいっぱい、あのうじゃうじゃ生えている草、畑の嫌われ者と言われている草を詰めて持って来てくれました。

         

        美味しいので私は大好きです。さっそく茹でてめんつゆをからめて頂きました。お客さんもみんなで試食して、美味しーい。こんなのうちには生えていない。いやそこらじゅうにあるよ。もしかしてあの草? と賑やかに話題になりました。

         

         

        三ケ日の黒田さんも浜名湖でタイを釣って、三枚おろしにして持って来てくれました。

         

         

        毎日暑くてグデグデしていた私ですが、みんなの元気な顔を見て「よーし、明日から元気に動くぞーっ 」と気持ちをあらたにしました。

         

         

        暑中お見舞い申し上げます    

         

        2017年 盛夏    ちゃちゃカフェ

         

         

         

         

         

        |21:00| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
        「宝くじ買ってきてあげるよ」
        0

          サマージャンボが発売になりました。

           

          こんな時、瀬戸から必ず寄ってくれた4人組、時には5人組のお客さん。

           

           

           

           

          「ママさん買ってきてあげるよ」と宝くじが当たることで有名な、長篠の猫の福ちゃんがいるお店まで買いに行ってくれます。宝くじを買って、またちゃちゃカフェまで届けてくれて、「僕が当たるように祈っといてあげたからね」と大事に渡してくれて、みんなで瀬戸まで帰ります。

           

          たいてい行きにシフォンケーキとコーヒーを注文してくれて、にこにことくつろいでいかれる気持ちのいいお客さんたち。オータムジャンボ、年末ジャンボと季節の宝くじを、こんな山の中までわざわざドライブがてら買いに来て、必ずちゃちゃカフェに来て、人懐っこい笑顔でおしゃべりがはずんで、私まで嬉しくなってしまうお客さん。何年もこの行事が続きました。それぞれに3000円が一回くらい当たって、みんな一通り当たってよかったねと、またニコニコとしています。中でもリーダー格のおじちゃんは、どこかの野菜売り場で買った里芋やミカン、チョコレートなどを帰りにくれました。ありがとうー。

           

          宝くじのおじちゃんたち(奥さんもいました)は、季節ごとの大事な訪問者、たいてい土、日のごった返したお店に来てくれましたが、いつに間にか姿を見ることがなくなり、私も宝くじとは無縁な一年くらいが経過しました。

           

          今年の6月24日、土曜日、久しぶりに瀬戸の御一行様が来てくれました。やあひさしぶり〜と笑顔で迎えましたがなんだか変。2人しかいません。え?今日は?といぶかる私に、「実は兄ちゃん死んだんだ」といつも隣に座っていた弟さん。奥さんもうつむいて言葉少なです。え?嘘でしょう。噓でしょう。

           

          現実が受け止められません。いつも一緒に来るもう一人のおじいちゃんは、まだショックから立ち直られず泣いていると言っていました。

           

          この日は私も涙が出て止まりませんでした。

           

          こんないい人がなぜ亡くなってしまうのだろう。

           

          おじちゃんの笑顔が私の脳裏にこびりついて、今でも「ママさんの宝くじが当たるように願掛けといたからね」という声が聞こえるような気がします。

           

           

           

          たくさんの人とのお別れがありました。自分が年を取ったからだろうか毎年身近な人が亡くなっていきます。

           

          もう会えないという淋しさ。

           

          後悔しないように、その時その時を一生懸命生きて、かかわりを持った人たちとの楽しい思い出を心に刻んでおきたい。

           

          私もいつかは死んでしまう。愚痴っぽくひがみっぽく毎日を暮らさないで、人の悪口なんて絶対言わないで(他人のことを言っている場合ではないといつも私は思う)

           

          どの人の生き方も100%肯定して、尊重して、大好きな人にはかかわり強く歩み寄って暮らす。60歳を過ぎてから自然と身に付いた私のわがままな人生観。

           

          私を育ててくれた、たくさんの大切な人たちにお礼を言いたいです。

           

          もう会えないけれど、私の細胞の中に皆の断片が溶け込んで一緒に生きていると思う。

           

          亡くなった人は、風になるとか、蝶々になって飛んでくるとかいうけれど、私の感性の中に入り込んで一緒に生きているよ。

           

          ありがとう。。。。

           

           

           

           

          |19:10| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
          << | 2/31 | >>
          LATEST ENTRY
          ARCHIVE

          (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.