| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ChaCha*日記


コロナ休暇 (黒田さんの場合)
0

    黒田さんからメールが来ました。

     

    4月22日 「完成!医療用フェイスシールド試作品。明日から耳鼻科で使われる。医療崩壊を防がないと。」

     

     

    私: 4月24日「いいもの作ったね。黒田さんのおもちゃ作りがここまで昇華した?」

     

    黒田さん:「もう診察で使われてるよ、今からビニールで透明壁を作るだよ」…15:53

     

     

    「明日、納品するだよー、出来栄え良い、医療崩壊は何としても防ぎたい。」 …19:58  (透明なので目を凝らさないと壁が見えません・後ろの黒田さんちのオモチャがすごすぎる。)

     

    素晴らしい! いつも楽しいオモチャを作っている黒田さん。こんなまじめな世の中のために必要なものを作ってるなんて。

    今の時代を見据えて、フルに自分の能力を出し切っているなんて。

     

    軽い自分のブログを書いた後だったので、ちょっとレベルを上げようと、黒田さんの内容を了解を得てお借りしました。

     

     

    |22:50| - | comments(0) | - | posted by chachacafe - -
    コロナ休暇
    0

      3蜜の環境だった「ちゃちゃカフェ」は、4月7日からきっぱりと臨時休業に入りました。

       

      先の読めないコロナ状況。あれよあれよと感染者は全国に拡大して、不安だらけの毎日。これから先どうなるのだろう。復活できる日はいつだろう。

       

      休みに入ってすぐマスク作りに没頭していましたが、次に庭の手入れに目覚め、毎日毎日、草取り、苔取り、草花の植え替え、並び替え、ついには木の剪定まではじめ、脚立に乗ってチョッキンチョッキン。一度転げ落ちたことがあるので今は慎重です。

       

      裏庭のふきを半分くらいこいで、ほかの場所に植え替えました。根が張っているので半日くらいかかりました。つつじの茂みの中に南天が何本も飛び出しているし、過密に育っているので抜いたりして、風通しよくしなければなりません。

       

      じっとしゃがみこんで草を抜いているのも、植物の配置を考えているのも結構楽しくて、無心でやっていた毎日でした。一日中やっていて、暗くなってきて立ち上がり「イテテテテ」 腰が悲鳴を上げています。

       

       

       

      前になっちゃんの店にもらったラティスを、森上建築さんにガレージの側面に建ててもらっていましたが、やっと今、柱などにペンキを塗ってきれいにしました。

       

      そこに黄色いモッコウバラを這わせようと、ネットで注文して届いたのでポットに植えました。

      ブラックベリーが、毎年毎年手入れもせず邪険に扱われ、踏んづけられていたので、今回は大事に持ち上げラティスに這わせようと紐で誘引しました。

       

      クレマチスもぐちゃぐちゃに伸びていたので、とりあえずごそっと抜いて、大きなポットに移し替え、元気に生き返るのを待っているところです。

       

      ラベンダーもあちこちで飛び出していたのを、たくさんのポットに移し替え並べました。

       

      グランドカバーは芝桜とタイムです。タイムはピンクの花が咲きだしいい匂いがします。

       

      セージも元気に育っているし、柏葉アジサイがつややかな新緑の葉っぱを広げてきました。

       

       

      これは今頃になって凛と咲いたミツバツツジ。相沢さんの庭から家に引っ越ししてきて、2度場所を変えたので、ここに定着するのに3年かかりました。近所のミツバツツジが咲き終わったころ、「僕も咲くよー」と宣言するように花開いたのです。

      ここ1週間のことで、毎日眺めるのが嬉しくてたまりませんでした。

       

       

      こちらも毎年咲く十二単、枯れたと思ってもすくっと飛び出してくる元気な花です。

       

      さあて、ここで終わらない私の庭づくり、台所の窓を開けると隣の茶畑が広がり、スクン、スクンとタラノ木も混ざってきて雑木林のような趣になってきて、それもいいのだけど、なんともほったらかしで汚い。何年も放置なのでツルが茶の木に巻き付き、締め上げ、茶の木が泣きそうになっている。たぶん、持ち主の人は私が入り込んで少しくらい切っても、怒らないだろう。妙な自信、根拠のない自信にとりつかれて、ついに私は隣の庭にまで手を出したのです。(ごめんなさい)

       

       

       

      この茶畑ジャングルに踏み込んで、カット、カット、カット。枝切りばさみを振りかざして、巻き付いたツルははさみでチョンチョン切って、ずるずる引っ張って、3時間くらいかかって一列完了。

       

       

       

      今日も張り切って、夕方茶畑に入り込みましたが、雨が降ってきたので断念しました。

      まだまだ3日くらいかかりそう。今は虫がいないし、草の実も服につかないし、気候もいいので最高です。

      コロナ休暇 バンザイ。

       

      こんなに経験できない楽しいことをさせてもらえて、毎日毎日、外で思い切り過ごせて、コロナと無縁ないい空気が吸えて、大自然に目が向けれて、とりあえず今のところコロナ休暇を満喫しています。

       

       

      |21:41| - | comments(2) | - | posted by chachacafe - -
      ちゃちゃカフェは臨時休業中です
      0

        コロナの感染拡大が、すごいことになっています。

         

        4月6日、月曜日の朝お店に来て、ひとまずお店を休んだほうがいいのではないかと考えました。前日までは何も思わず、お客さんと楽しく会話していたのです。突然思い立つのはいつもの私のくせ。

         

        すぐに役場や観光協会に電話をして、休業を決めました。当面ちゃちゃカフェの2週間の営業日を休むことにしたので4月23日までの休みになります。(たぶん5月6日くらいまで延長になるかも・・・)

         

        お客さんで来てくれていた相沢さんにビラを頼んで作ってもらいました。

        相沢さんは今度のギャラリーの看板も作ってくれています。ちゃちゃカフェご用達のデザイナー兼印刷屋さん。

         

         

         

        新型コロナウイルス、クラスター、パンデミック、ロックダウン、不要不急の外出自粛、3蜜(密閉、密集、密接)、コロナショック、コロナ疎開、さまざまな用語が飛び交い、ついに4月7日 7都府県に【コロナ緊急事態宣言】が出されました。

         

        翌々日、愛知、岐阜、三重の東海3県も独自の【緊急宣言】を出しました。

         

        全く、全く、穏やかではありません。

         

        お店を閉めてほっと一息、消毒液であちこち拭きまくる手間がはぶけ、あとは神頼み、どうかコロナ騒ぎが早く収束、終息しますようにと祈るばかりです。

         

        お店が休みになって、本格的なマスク作りが始まりました。マスクが欲しいよ〜というお客さんに郵送しているうちに、ゴムが無くなり、ちゃちゃカフェマスク店は閉店になりました。全部で70個くらい作ったかな。

         

        せっかく天から降ってきた私のお休み、有効に使わなくては・・・

         

        家のキルト部屋の掃除、片付け。

         

        ちゃちゃカフェが忙しいのであまり縫っていないのでは…と思いましたが、ここ10年の作品、ああこれも…これも…とみているうちに、いろんなことを思い出して、いろいろ頑張って縫ったじゃない、と胸がキュンとしました。

         

         

         

        ほったらかしにしていた庭仕事も始めました。しゃがみこんで草抜きです。芝桜が一面に咲き出しましたが苔と混ざって、そこに雑草も生え、少しづつ少しづつ抜かないときれいな庭にはなりません。根気のいる仕事です。

         

        前から何度も抜こうとして断念していた空木の木、「はこねうつぎ」というのかな。きれいなアジサイよ、と言われ10年前に植えたものですが、すくすく育ち、育ちすぎ、どうしてもそこの場所をクリスマスローズに提供したかったので、またもや堀り起こして抜くことにしました。私の力では何ともならないので、ギタリストの谷川さんを呼び、繊細な指を傷つけないように力仕事をしてもらいました。

         

         

        抜けました!

         

        ついでに庭の一部を占領していたガクアジサイもすっぱりと抜いてもらい、前に枯れてしまったシマトネリコの根元もチェーンソーでぶった切ってもらいました。

         

         

         

        大仕事でした。

         

        いつの間にか咲き誇っているクリスマスローズ。しみじみ見たのは初めてです。

         

         

         

         

         

        とってもかわいいです。しっかり大株に成長してくれていて​満足満足の私のお庭。クリスマスローズ通りができています。今日引っこ抜いたウツギの穴にも白いクリスマスローズを入れました。

         

         

        まだまだ続く庭仕事。裏庭のアジサイ通りもやらなくちゃいけないし、はなれのブルーベリー農園の整備もあるし、ここしばらくは手拭を巻き付けた庭仕事おばさんです。

         

        お庭が奇麗になったころ、コロナも影を潜めて、みんなぶらぶらと好きなところに出かけられるようになるといいなあ!!

         

         

        |18:55| - | comments(2) | - | posted by chachacafe - -
        手作りマスク
        0

          先日、和田さんにかわいいマスクをもらって、やあ作りたい!と私のやる気が燃え上がってきました。

           

          ちょうどキルトで体力が消耗していたので、一週間待ち、名古屋にミシンも置いてあるので、定休日、お墓参りのついでにマンションにとじこもり「作るぞー」とやりだしたのです。

           

          巷は名古屋もコロナウィルスがうようよ。

          今のところ、無傷な神聖な東栄町に菌を持って帰るわけにはいかないので、手洗いや換気にいつも以上に気を使っています。

           

           

          お気に入りの手拭を何本か買っていました。ガーゼやゴムひもは手芸店も売り切れ状態。

           

          マスクが品薄なのでみんな手作りマスクを作ろうと考えたのですね。

           

          ガチャガチャ、ミシンで縫っていたら、突然抑えレバーがきかなくなり布が浮いてしまって縫えなくなりました。ミシンが壊れた!

           

          あれこれやってみましたが修復不能で何ともなりません。

           

          ネットで近くのミシン修理屋さんを探し電話してみました。

           

          「やあ、今日は無理ですね。持ってきていただいても対応できません。2週間くらい先まで満員です。今、マスクを作る人が多くミシンが壊れることも多く、皆さん困って見えます。」

           

          えーっつ、これもコロナウィルスのおかげ?

           

          『風が吹くと桶屋がもうかる』と言われるけど、新格言は『コロナウィルスが飛び散るとミシン屋がもうかる』です。

           

          あーあー、と途中であきらめ、あとは手縫いになりました。

           

           

          今日はコロナウィルスショックで、お天気も大雨で、ちゃちゃカフェのお客さんも少ないので、お店はマスク工場になりました。

           

          手縫いも混ぜてたくさんできました。

           

           

          マスクがなくて困っているお客さんに配りたいなあと思います。

           

          チェーンソーアートで、こんな素敵なバッグを作ってくれた青木さんにまずはプレゼントしないと。

           

           

           

          |19:56| - | comments(2) | - | posted by chachacafe - -
          << | 2/57 | >>
          LATEST ENTRY
          ARCHIVE

          (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.