| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ChaCha*日記


11月になる その2
0

    Can(愛称)から電話があり、ちくちくクラブに作品を追加したよ、ということで係の人にテーブルをもう一つ借りました。

     

    Canの制作は押し花シリーズです。ますます腕に磨きがかかり、美しい作品になっています。

     

     

     

    春ちゃんの木の実ランプも場所を移動して中にLEDライトをともしました。

     

    私の布団生地バッグも、明ちゃんの布団生地リュックの仲間として見やすく配置しました。

     

     

    さて、マグノリア(ファッションお花クラブ)は、例年のように準備が大変で、会場でお花を生けたり、巨大な飾り物をデーンと置いたり、あっちからもこっちからも美しくセンス良く並べるので、二日目の今日も関係者が集まりいろいろやっていました。

     

    マグノリアの今年のテーマは「小便小僧」

     

    やあ、素晴らしい とスマホのカメラを向けたら、後姿がまたいいのよ、と言うのでもう一枚パチリ。ちゃちゃカフェのブログに宣伝しておくわね、となりました。

     

     

     

     

    ほかにもチェーンソーアート、ちりめん細工、まゆ花、絵画、写真、小中学校の作品、施設の方たちの作品、その他いろいろで、みんな素敵で紹介しきれません。ぜひ会場でじっくりとご覧ください。

     

    今日の新聞に取り上げられました。なっちゃんのお店。

     

     

    東栄フェスティバルの3日に開店します。最後の準備に大わらわな毎日です。

     

    駅ギャラリーの11月12月は、なっちゃんの写真展を開催予定です。今まで撮りだめた各地の花祭りの写真がたくさん並べられる予定。3日のフェスが終わってから始まります。

     

    今日は請井さんの手芸作品を撤収しました。お疲れさま。超人気でしたね。

     

    また11月23、24日の連休は、ギャラリーで特別クリスマス*フリーマーケットをやります。前回とても楽しかったので、またフリマの女、美智子さんが静岡から出張してきて張り切ってくれます。(なっちゃんの写真展は2日間だけお休みです)

     

    それでまた商品を集めます。要らなくなったものがありましたら是非ちゃちゃカフェに寄付してください。

     

    私もこの頃【断捨離】を真剣に考えるようになり、この前の新聞記事は、そうだそうだと深くうなづいて読みました。

     

    私は飽きてしまったり、邪魔になってしまったものも、ほかの人には必要で大事なものになるかも…ということで

    家中を見渡し整理に余念がありません。

     

     

    でも、フリーマーケットは楽しい。素敵なものを安く買うとウキウキします。それでいまだに物が減らない私だけど、いいやこれで元気をもらっているから…と。

     

    また近くなったらおしらせします。フリーマーケットお楽しみに。

     

     

    |17:48| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
    11月になる
    0

      冬っぽくなって、そろそろストーブの出番かなという東栄町。

       

      ちゃちゃカフェでは、先日ストーブの煙突掃除も済ませてスタンバイです。

       

      ギャラリーの請井さんの作品展は連日大盛況で、本当に大勢の方が見に来てくれました。火、水、木のちゃちゃカフェの定休日は知らんふり、でも28日の月曜日は請井さんのお友達が7人来てくれて、何かランチある?と前日夜に電話があり、「ランチやめちゃったよ、うどんとモーニングセットなら対応できる」と答え、少し多めに準備していました。

       

      しかし、この日なぜかお客さんが多く、朝から一気にモーニングセットが12食出て、食材が乏しくなり(もっとまじめにやれよ…と影の声)

       

      や、や、困ると思っていたら、そば打ち名人の和田さんが登場、「お願い、蕎麦打ってくれる?」「えーっ、今から打つの?」

       

      12:30の電車が到着するまで2時間弱、慌てて和田さん家まで戻り、そばを打ち、てんぷらを揚げ、茹で、そば定食8人分を作って運んでくれました。私のめちゃぶりを受けてくれて、もう感謝しかない。しばらく和田さんには頭が上がらない。

       

       

       

      11月3日は東栄町の一大イベント、東栄フェスティバルがあります。その関連事業で、東栄文化祭もあり、その一部でちゃちゃカフェの「ちくちくクラブ」も参加します。作品展はB&G会館で10/31から11/4まで。

       

      昨日、展示に行きました。

       

       

       

      そしてこちらは、同じく私も会員にさせてもらっている染クラブ(フォレスト東栄)の展示です。

       

       

       

      |09:19| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
      秋のいろいろ
      0

        10/12に台風19号、それもでっかいのがやってくるというので、日本中が大騒ぎになりました。進路に当たったところの大雨の被害は甚大で、ニュースで流れる情景を見て胸が痛くなりました。早く日常がもどってくることを祈っています。

         

        東栄町も大雨でしたが、なんとかそれて、次の日の午後から飯田線も復旧しました。

         

         

        線路際に咲いたケイトウ「火の鳥」

         

        これは台風の前日に近所のおばちゃんがとってくれた唐辛子、魔除けになるかなとカフェの入り口に飾っています。

         

        魔除けといえばこのお化け、ハワイのレノルドさんがハロウィーングッズとして送ってくれたけど、あまりの薄気味悪さにしばらく飾れませんでした。まだ私の中にハロウィーンというものが定着していなく、「遺体を3体送りましたから目立つところに飾ってくださいね」と手紙をもらっても困惑するばかりでした。

         

         

        それでもカボチャや旗などの小道具を買って何とかやんわりと飾ってみました。

         

        アメリカの本場の飾り方を見に行かなくてはいけませんね。しかし、東栄町にハロウィーンなんているのかな?案山子や、花祭りの鬼で十分な気も・・・

         

        カフェの入り口付近、ギャラリーは、今請井さんの作品展でかわいい人形がいっぱいなので、お化けは裏口に飾りました。

         

         

        今回のギャラリーの請井さん人気はすごくって、連日大勢の人が詰めかけ作品を見てくれます。ちゃちゃカフェが定休日の3日間も、どっと来てくれて (だからちゃちゃカフェの売り上げとは全く関係ありません、笑) ギャラリー冥利に尽きます。

         

        手芸好きな人が本当に多いんだなと改めて思います。

         

         

        この素敵なバッグも、「私が作ったのよ、ネットで外国の布を買って」とお客さんが見せてくれました。欲しくなるバッグです。

         

        私もぼそぼそとバッグを作っています。昔、湯谷温泉の売店で買ったこのミニバッグが気に入っていて、今回、布団地がたくさん手に入ったので、面白半分に10個作りました。レザーの持ち手をつけて完成です。

        置いてある封筒は、ちょうどこれをやっているとき名古屋の友達が送ってきてくれたもので、東栄駅の写真を折って作られているので感心して見とれながらやっていました。

         

         

        クラフトテープのかごは売り物で、ストーブの上に並べていましたが、もうすぐストーブが点火すると思うので、上のほうにお引越し。なんだか素敵でうれしいようなインテリアになりました。

         

         

        田原からローゼルがたくさん送られてきました。和田さんと一緒にガクをはがして、和田さんがジャムに煮てくれました。

         

        そして次の日は、私のお隣の山本さんが、新城で山ほどローゼルをもらってきて、大鍋でいっぱい!のジャムを煮てお店までもってきてくれました。

         

         

        ローゼルジャムがいっぱい。ヨーグルトにのせたり、ケーキのクリームに添えたり、このほの酸っぱさを当分楽しめますね。

         

         

        鉄道カマラマンの有名な人が突然東栄駅に現れました。

         

        ちゃちゃカフェに置いてある雑誌の中にも彼の写真や文が掲載されています。

         

         

        16:11の下りの電車を狙って写真に収め、東栄駅の鬼の駅舎をバシッと撮って、それからカフェに入ってきました。香川県から車で来て!!

         

        東栄駅は鬼の建物ということで日本に3つしかない有名な駅舎だそうです。ほかに、河童、亀、があるそうです。

         

        わたし、そんな有名な建物の中で働いている、(働かせてもらっている)なんて知らなかった。

         

        それからカメラマンさんといろいろ7時くらいまで話し込みました。飯田線のこと、臨時秘境駅号のこと、今年は10分東栄駅に停車すること、駅スタンプのこと、駅切符のこと、全国の鉄道イベントのこと、カメラマンさんの人生観など。

         

        今度10分の電車停車の間、ホームでちゃちゃカフェのおはぎを売ろうかな、とつぶやいたら、カメラマンさん、それはいい、そしたらおはぎを包むパッケージを作ってあげましょう、とパソコンを車から持ってきて、東栄駅の写真、文字、イラストなどを張り付けいろいろやってくれました。

         

         

        (この写真ブログに出してもいいと了解済みです)

         

        いろいろアイディアをもらって、鉄道にあまり興味のなかった私がいろいろ気になりだし、ふーん、飯田線の東栄駅ってすごいんだなと認識しだしたところです。

         

        この続きはまた。

         

         

         

         

        |23:02| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
        ギャラリーが明るくなった
        0

          先日のフリーマーケットで稼いだお金(皆さまのご協力に大感謝!)で、ギャラリーの戸棚の中に照明がつきました。

           

          そして10月は、東栄町の請井治子さんの手芸展、ちまちま細かい作品が、優しい照明の光で美しく輝いています。

           

          よかったなあ、これで戸棚の中の隅々まで見渡せるようになりました。

           

           

           

           

           

           

           

          請井さんの作品は、前からギャラリーでとりあげたかったものの一つ、ただ作品の陳列方法、防犯上の問題などで今まで見送っていました。

           

          この無人駅、無人ギャラリーは、チャチャカフェの定休日と夜間は管理人なしで、不安がいっぱいで小間物の展示に踏み切ることができませんでした。

           

          でも、太っ腹でおおらかな請井さんが、「いいわよ、皆に自由に見てもらって」と言ってくれて、自分の部屋のようにのびのびと飾らせてもらいました。

           

           

          中日新聞、東三河版でも取り上げてくれ、連日手芸好きのおばちゃんたちが押し寄せています。

           

          三日間ちゃちゃカフェは定休日でしたが、ちょっと用で店に立ち寄ると、おばちゃんたちがギャラリーで楽しそうにお話をしながら作品を見ています。

           

           

          今度の戸棚ライトは、ギャラリーの部屋で自由につけることができるので、駅利用のお客さんも夜間に立ち寄った人も暗闇の中で過ごさなくてもよくなりました。

           

          この駅ミニギャラリー、皆に愛され、居心地のいい空間として利用してもらえたらホントにホントに嬉しいです。

           

           

          |14:58| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
          << | 2/52 | >>
          LATEST ENTRY
          ARCHIVE

          (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.