| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ChaCha*日記


たくさんの人が見に来てくれて嬉しいなあ
0

    作品展、いきなり中日新聞の東三河版がドーンと載せてくれて、嬉し恥ずかしのわたしたち。

     

     

    それ行かなくっちゃあと、みんなで交代で駆けつけました。友達が友達を呼んで遠くの方からもいっぱい来てくれました。

     

    今日も名古屋から私の友達も来てくれたようです。大勢の出展ということは大ぜいの輪が広がるということで思いがけない出会いも生まれ本当にいい刺激になります。

     

     

     

     

     

     

    みなさん ほんとうにありがとう。

     

    掛川の床屋のマスターは3回にわたって「杜のすみか」をブログに掲載、軽妙なタッチでちゃちゃカフェのことも触れています。

    みっきい倶楽部競泪好拭爾離屮蹈です。(赤字をクリックするとマスターのブログにリンクします)

     

    二、三日前 顔をのぞかせていたつばめの赤ちゃん、お母さんがぴゅーっと餌を運んでいましたが、昨日ぐらいからいやに静か。今日 巣を覗いたらからっぽ、無事に巣立っていったようです。

     

    また来年巣を作りにおいでよね。ブルーの網をどかして広くして待ってるよ〜。

    |20:10| - | comments(2) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
    ちゃちゃカフェの仲間たち作品展が始まります
    0

      6月になって今日、杜のすみかに作品の搬入に行ってきました。

       

      どうなっちゃうんだろう、と心配だった初の作品展。三ケ日からも、新城からも、水窪からもみんな駆けつけてくれて、たくさんの作品が集まりました。杜のすみかのマスターも定休日なのに嫌な顔もせず、脚立に上って作品をかけてくれたり、位置をなおしてくれたりこまごまと助けてくれました。

       

      そして、中日新聞の鈴木記者がきてくれて、ちょっとしたインタビューと集合写真撮りがありました。10人位いたので収めるのが大変で、何枚も撮ってくれました。カメラがまともなものでピント合わせがあったりして、「今少々お待ちください」というレノルドさんの声をほうふつとさせました。ハワイではそんなシーンがいっぱいあって、少々お待ちください、というのがしばらく私たちの合言葉になっていました。

       

      さて、ちゃちゃカフェ仲間展 こんな感じです。写ってない作品が他にも数点ありますが、会場でまたじっくりと見たいものです。

       

       

       

      会期は6月3日から6月14日まで。木曜日と金曜日はお休みです。

       

      杜のすみか、いろんな花が咲き始めいい感じになっていました。ゆったりとくつろげる別天地です。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      |19:08| - | comments(2) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
      忙中閑あり…
      0

        ハワイのレノルドさんから、この前の東栄町訪問のアルバムが送られてきました。

         

         

         

        きれいに撮られていて本当に嬉しい。

         

        コメントが私たちよりも日本人的で面白い。

         

        一列に並んで座っているのが、電線の燕だって。そういえばそんな感じ。

         

         

         

        雨に降られたし、チャング兄弟と言葉が通じないし(レノルドさんに英語の勉強をしておくようにと言われてたけど誰もしなかった)

         

        最後の日は、仲間が車ごと小屋に突っ込むという大事件があったし…

         

        もう一回やり直したいような珍三日間となりましたが、レノルドさんのアルバムを見ていると、それなりに楽しかったなあと思えました。

         

        またレノルドさんと会いたいなあ。

         

        ちゃちゃカフェの6周年記念のお花は壁にぶらさげてドライフラワーになりつつあります。

         

        今日は母の日。3人の子供たちから??素敵な花束をもらいました。えーっ私はあなたのお母さんじゃないんですけど…と可愛げなくお客さんにかみついて、ちゃっかりとお花だけもらいました。一つは本当の子供からです。

         

         

         

        お花を見て怒る人はいません。心が和んで幸せな気持ちになってきます。ありがとう!!

         

        昨夜は「杜のすみか」に出すキルトの仕上げをやっていて、外回りに縄模様を入れましたが気に入らなくて、夜中の2時に縫った分を全部ほどしました。5時間くらいの労力がパーでした。バラのキルトは会場に持っていったら貧弱だったので、大きなベッドカバーを急きょ仕上げることにしました。

         

        間に合うかなあ。いい加減に妥協するわけにいかないのでやり直してばかりいます。

         

        今日の5時ちょっと前、お客さんが閉店前のコーヒーに駆け込んできました。

         

        新野から歩いてきたと言います!!40キロの道のりです。「ぼくはちょっと変わっているんです。」

         

        確かに変人かも…

         

        中部天竜の家を出て、車を新野に置いてひたすら国道を歩いて来たそうです。

         

        とっても元気そう。84歳と言われましたが、私と同じくらいの世代の人に見えます。

         

        フルマラソンくらいあります。マラソンより歩く方が大変だそうです。

         

        うらやましいくらいスリムな体。車でも遠く感じる道のりを歩いてきたなんて。

         

        軽いショックを受けました。忙しくて、やることが多くてヒーヒー言っている私ですが、新野まで歩く気になれば何だってできるのでは…と思いました。

         

        それで、忙中閑ありなんて変な題名が浮かんだのです。

         

        今、店で居残りをしてチーズケーキを焼いて、明日のランチメニューを考えていて、本当は家にすっ飛んで帰ってキルトの続きをしたいけど、あの新野おじさんのことが頭にこびりついて、これは報告したいと思いました。

         

        「私ブログをやっているんですけど、写真を撮って出させてもらっていいですか?」

         

        OKが出たので新野おじさんの写真出しますね。小木曽さんというお名前だそうです。

         

        この頑張りをもらって、私も無理せずダッシュします。

         

         

         

         

         

        |22:02| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
        みどりの季節
        0

           

          今日は五月晴れ、緑が日に日に濃くなってさわやかな風が吹いています。

           

          毎週木曜日の午前は太極拳を習いに行くことになって、3月から張り切って入門することにしましたが、「あんたはいつまで続くかね」とみな疑心暗鬼。

           

          やっぱりいろいろあって4月から6回連続でサボり、やあやあダメかも…

           

          今日もなんだか忙しかったのですが、忙しい時ほどこういうゆったりとした動きをして心を解放させなければ、と最初の動機に戻り出かけました。

           

          東栄町は中設楽のふれあいプラザというところで親切な人が教えてくれます。町だと月謝も高いし遠くの会場まで出向かないといけないけど、こんなありがたいチャンスはありませんね。

           

          本当に自分のものにできるか自信がないけど、ここに書いた以上少しは続けないと…。

           

           

          ちゃちゃカフェ6周年で、名古屋のおばちゃま達、張り切って手伝ってくれました。お店の掃除をしたり、ランチのおかずを作ってくれたり、夏ミカンの皮をむいたり、花壇の手入れをしてくれたり…

           

          もう顔なじみになったお客さんと年一回の交流、おしゃべりを楽しんだり…

          毎年お花を届けてくれる浜松のご夫婦とは親戚のような感じになっていました。

           

          150個の草餅を配りましたが、大勢のお客さんがきてくれたのですね。あの人もあの人も、とたくさんの顔を思い出して嬉しい気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます。ちゃちゃカフェは応援してくれるみんなのおかげで成り立っているんだと思います。

           

          いい加減な店主だけど、これからもよろしくお願いします。

           

          しばしば手伝ってくれる近所のおばちゃんは、時々喝を入れなくっちゃあ、私が指南してやらないとどうなるかわからない店だ、と公言しています。

           

          本当っぽいので反論できません。

           

           

          さて、相澤さんが作ってくれた「ちゃちゃカフェの仲間たち作品展」のお知らせはがきが出来ました。

           

          どうなることやら…私たちもにわか作家になるのかな…ウヒヒヒ

           

          もうひとつお知らせ。

           

          作品展にも出品する我が仲間の西村さんが、雑誌「田舎暮らしの本」に掲載されました。

           

           

           

          ちゃちゃカフェの強力な仲間です。

           

          何かにつけてフットワーク良く、器用さ全開でまわりを楽しませてくれます。正真正銘 田舎暮らしの達人です。

           

           

           

          |16:06| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
          << | 2/29 | >>
          LATEST ENTRY
          ARCHIVE

          (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.