| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ChaCha*日記


健康のありがたさ
0

     

    年が明けてから、お店でバッチャーン‼と転んだ相沢さんと私。

     

    相沢さんは1月ギャラリーの青柳伊久子さんのキルト展のポスターを作りに来てくれていて、カメラで作品の写真を撮った後、ストーブ前の焚き物にけつまずいて、ストーブで胸をしこたまぶった様子。痛ーっと叫んでコンクリートの床に崩れ落ちました。

     

    何とか平静を装って「だいじょうぶだよー」と言っていましたが、実は肋骨を折ったもよう。後から息をするのも横になるのも苦しかったと言っていました。

     

    一昨日の夜は定休日でしたが店の支度をしていた私が、洗った長い台所マットを干していて、その端っこに蹴躓いてキャスター付きのワゴンをはねとばし、全身床にたたきつけられるように転びました。思い切り両足の膝小僧をぶちました。痛くて声が出ません。

    何とか立ち上がって、何とか車で帰りましたが「這う這うの体」とはこのこと?

    次の朝、布団から這い出すことができず、枕元に置いた杖を使って時間をかけて立ち上がりそろそろと動こうとしました。

    携帯まで手を伸ばし、救急車を呼ぶべきか少し考えました。近所のおばちゃんに助けを求めようとも思いました。

     

    でも何とか出勤しました。杖をついてそろーりそろーりと。

     

    朝の一番客の豊根のおばちゃんが「どうしたのー」と気にしてくれて病院に行った方がいいよ、新城にいい整形外科ができたよ、と教えてくれたので、もう臨時休業にしていこうと決断しました。ちょうど、こんにゃくを作ろうとストーブの灰をもらいに来た森下さんも病院行きを後押ししてくれました。

     

    痛くて痛くて歩けなかったので(右足は無事で運転は出来たけど)病院では車いすを用意してくれ、レントゲン室も診察室も看護師さんに押してもらいました。

     

    結果は骨に異常なし、しこたまぶったので痛いだけでした。

     

    湿布薬をはったら、今日は足が曲がります。ゆっくりなら歩くこともでき、こんな当たり前のことがなんて嬉しいんだろうと感激ひとしおです。

     

    昨日は腐っていたけど、今日は希望が芽生え、人間って健康が一番だと再認識です。

     

    年明けに客の、一人暮らしの近所のおじちゃんから電話があり、朝 凍っている道で滑って足首を折って、今豊川市民病院に入院してる。家にいないので夜逃げしたと思われては困るので報告した、よろしく、と言ってきました。

     

    転ぶ、骨折する、というのが日常茶飯事になってきました。高齢化の波で、私も立派な該当者なので気をつけなくては・・・

     

     

    春ちゃんが作ってくれた今年の干支のイノシシくん

     

    猪突猛進と突っ走るイメージだけど、私は転ばないようにゆっくりと行きたいよ。

     

    春ちゃん今年はバラ色の年になるといいね、とバラ色のかわいいダウンベストをくれました。うんうん、これ着てバラ色の年にする。

     

    年明けの初日、ログハウス作りの岡村さんが、ストーブの断熱板を作って設置してくれました。

    これでストーブを焚いても後ろの柱が熱くならず、炭化することもなく安心して使えます。

     

    ストーブの煙突掃除もしてもらい、気持ちよく綺麗に燃えています。

     

    皆が運んできてくれる薪もどっさりと山のように積んであって、もうどんなに寒くなっても大丈夫。あたたかいぬくぬくの店内です。

     

    痛かったけど、今年はいい年になりますように。パンパン。

     

     

     

    |19:26| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://touei.chachacafe.jp/trackback/187
    << NEW | TOP | OLD>>
    LATEST ENTRY
    ARCHIVE

    (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.