| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ChaCha*日記


ありがとう。七周年
0

    2011年5月にオープンしたちゃちゃカフェも7年たちました。

     

    体力的にいつまでできるのかな、と一抹の不安を抱えながらも、毎日いろんな人に出会え、助けられ、たくさんの刺激を受けて楽しくやっています。

     

    この楽しく暮らせるというのが一番幸せなことです。

     

    先週レノルドさんに会った次の日、ちゃちゃカフェにかわいいお姉さんが来ました。どこかで会ったことがあるなあ?

     

    ちょうどその場にいた六反田さん夫婦が同じテーブルに呼んでおしゃべりに巻き込みました。六反田さんは前日もレノルドさんの会食で一緒で、皆に五反田さんと呼ばれ、「いや、六反田です。一反足りません、大変なことです。」と大笑いしました。

     

    お姉さんは森林組合で働いていました。まだ若く、女の子なのに水窪の森林組合に就職したのです。

     

    そういえば1年半くらい前に、「娘が森林組合に入ったから、見に行ってきたの」というお母さんが来て、そのお母さんもまた明るくいい空気を発散していて、私は吸い込まれるように見ていました。そのお母さんはコーヒーの生豆を持って来て焙煎してくれました。

    小さな焙煎器でしたが、私は初めて見て驚きました。コーヒー豆が白いということも初めて知りました。

     

    このお母さんの子なら、きっと自分をしっかり持っていてどんな道でも突き進んでいくだろう、と漠然と思いました。

     

    さてこの娘さん、スマホの動画で木を伐採している様子を見せてくれました。しっかり足を踏ん張って作業着姿は男のようです。

     

    えーっ、全然違う、と私と六反田さんは目の前の女の子と、動画の写真と見比べてしまいました。「内またじゃ木は切れません。」確かに・・・

     

    若いのに自分の進路を決めたこと、大切な森の仕事という自覚があること、「やーぁ、すばらしい」と私たち大絶賛でした。

     

     

    あかりさんです。ブログの許可もらいました。

     

     

    コーヒー豆を焙煎してくれたお母さん。昔の写真が出てきたよ。

     

     

    さてこちらは米屋のエイコちゃんにもらった絹サヤエンドウの苗を植えたところ。

     

    毎年、ゴーヤ、キュウリ、トマトの苗をもらいます。種から植えてたくさんできるからあげるよと言われ、ホイホイともらいに行きます。

     

    去年はどっさりと野菜が収穫できました。最初に脇芽を摘むのですが私がどの芽を摘んでいいかわからなくなっていると、エイコちゃんが駅で電車に乗る前ちゃんと整理して、これで良しとやってくれました。

     

    家庭菜園の先生です。

     

    今日は、草だらけの駅のまわりを半日かかって掃除しました。草花も元気を取り戻し、新しい芽が出ています。

     

    何だっけ、悦子さんにもらった何とかという花。人参のような葉っぱで勢いよく伸びてきました。

     

     

     

     

    草花や木のお手入れは大変だあ。

     

    いやいや明日のお店の準備で、今からケーキを焼くのでブログはここまで。

     

    ジャーン!! これを見てください。

     

    ちゃちゃカフェデザイナーの晴子さんにこのポスターを作ってもらいました。

     


     

     

     

    |19:31| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
    Comment








    Trackback
    この記事のトラックバックURL: http://touei.chachacafe.jp/trackback/158
    << NEW | TOP | OLD>>
    LATEST ENTRY
    ARCHIVE

    (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.