| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ChaCha*日記


「すぐ死ぬんだから」
0

     

    今話題の小説を貸してもらって読みました。

     

    もう70代になると体がガタガタしてきて、元気なつもりでも転んだり、忘れっぽくなったり、ここ一番の踏ん張りがきかなくなったり、あれえ、こんなはずではなかったのに・・・と思うことばかり。

     

    内館牧子の小気味のいいハイテンポの文章に笑いながら、ドキッとしながら読みました。そして、それからは「私たちもうすぐ死ぬんだから」が合言葉になり、今のうちに何でもやろうね!!ということになりました。

     

    しょぼくれた格好をやめてオシャレになる。

     

    思い立ったことはすぐ実行する。

     

    もうすぐ死ぬんだもの、いい思い出を作ろう!!です。

     

    「チーム:ブルーベリー」の3回目の活動が10/1にありました。今回は豊田から西村さんも来てくれました。

     

     

    鉄柱にドリルで穴をあけているところ。「硬いなあ!」

     

     

    竹内さんたちはブルーベリーの枝植え。ピートモスと赤玉土を水でふやかして根っこにたっぷりと入れています。深すぎても浅すぎてもまずくて、総指揮官の鈴木さんに教えられたとおり、枝の向きも植える間隔も鈴木さんの指示に従います。

     

    だって4年前に鈴木さん、20本のブルーベリーの木を掘り起こして10キロ離れた今の場所にそっくり植えてくれて、すくすくと育ってたくさんの実がなるようにしてくれた大恩人なのです。

     

    最初、東栄温泉の近くの空き地に30本植えた。(町おこしのブルーベリーを手掛ける人から1本1万円だと言われ30万円支払った。なんて高かったんでしょう)、なのにその土地は水田の跡地でだんだんブルーベリーが育たなくなり、絶望的になっていたら、我が家の近所の人が茶畑の跡地を貸してくれ、そこへ鈴木さんが懸命に大引越しをしてくれ、小屋まで立ててくれたのです。

     

    そして、ごく最近、こんなにおいしいブルーベリーをもっと増やそうということになり、心優しいちゃちゃカフェの仲間が何回も手伝ってくれ、今までの倍の敷地、今までの倍のブルーベリーが植わったのです。

     

    和田さんの所からは、6月に大粒の実がなる早生のブルーベリーの木を1本もらいました。これは楽しみです。

     

     

     

     

    やあやあ頑張ったね。すばらしい。

     

    来年の夏はブルーベリーパーティーをやらなくっちゃあ!!

     

    ありがとう!! お疲れさまでした。

     

     

    これは私の家の玄関を出たところ。コスモスがもじゃもじゃと咲いてきた。どこからか種が飛んできて一人生え。今年暑くてろくに草取りをしなかったら、こんないいこともあった。

     

    そして今日、駅ギャラリーのまゆ花作品展の撤収があり、運び終わってから、会長さんがちゃちゃカフェにコスモスのまゆ花を届けに再度来てくれました。

     

     

    わあーっ、感激です。まゆ花って繊細でやさしい。

    大事に大事に飾らしていただきますね。

     

     

     

     

     

     

    |19:45| - | comments(0) | - | posted by chachacafe - -
    | 1/1 |
    LATEST ENTRY
    ARCHIVE

    (C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.