| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ChaCha*日記


お六櫛
0

    木曽のお六櫛

    昨日は縁あって、木曽の藪原の青柳さんの工房を訪ねてきました。

     

    青柳善作さん(よしたつさんと読みます)

     

    後から知りましたが信州の名工で、すごい、すごい人でした。

     

     

    5月28日に、木曽から電車で4時間かかってちゃちゃカフェに来てくれた青柳さん、その時はちょっとごった返す店の中で雑然としていて、ゆったりとお話できる雰囲気ではなかったのですが、お店にいた他のお客さんがさっと席を譲ってくれ、話の輪に加わり短いひと時を共有しました。ちょうど変人クラブのWさんも、Nさんもいてくれたのかな。

     

    青柳さんは一枚のちゃちゃカフェの書かれた新聞記事を持って来てくれて、「一度来たかったんですよ。これで夢がかないました。」と言って、新聞記事の上に私のサインを書くように言われたので、びっくりしてちょっとビビりました。

     

    物好きな人もいるんだなあ…と軽く考えていました。また4時間かかって帰られたのに…この私の態度はごめんなさい。

     

     

    それから一か月くらいたって、青柳さんからお手紙が来ました。「僕の作った櫛を同封します」とあって、初めて青柳さんが櫛職人だったことを知りました。また私は初めて木曽のお六櫛が有名だということも知りました。

     

     

    の落款が彫られた櫛でした。みねばりという硬い木で作られていて、きれいなものです。お兄さんも宮内庁ご用達の櫛を作られているとどこかに書いてありました。

     

    青柳さんに会いたいね、櫛の制作過程が見たいね、木曽も行ってみたいね、というわけで今回のお六櫛探訪の日帰り旅が実現しました。

     

    最初は変人クラブ6人の参加予定でしたが、当日は12人と膨らんで4台の車で出かけました。

     

    【かんてんぱぱ工房】好きの掛川の床屋さん夫婦が馴れた伊那方面に向けて車を先導してくれました。西村夫婦は豊田から恵那経由で向かいました。

     

    合流地点は、道の駅「源流の里 木祖村」です。青柳さんの家に一番近い施設になります。そこで美味しいお蕎麦を食べてから青柳さんのお宅に向かいました。

     

    青柳さん しっかり職人さんのいでたちで、離れの櫛工房に迎え入れてくれました。

     

    おおーっ!みんなの目が輝きます。

     

    たくさんの工具、木のきれっぱし、実演してくれる青柳さんの姿に吸い寄せられて、皆のカメラがパシャパシャ。写真が趣味の相澤さんは窓から大きなカメラを構えました。

     

     

     

     

     

     

     

    木彫りが大好きな西村さんは、誰よりも熱い視線を青柳さんに向けていました。

     

    窓からは心地よい山の風。

     

    青柳さんの姿は、私には神々しく見えて、この道一筋に生きてきた職人さんの強さや魂みたいなものが漂っていて、魅せられた時間を過ごしました。

     

     

    よかった!  青柳さんに出会えて本当に良かった。

     

    青柳さんにしっかりと握手してもらえて、手からいいものがジーンと流れてきて、後から涙が出そうになりました。(その時はわけがわからずケロッとしているのがいつもの私の癖です。 なんでも後からじわーっときます。)

     

    青柳さんは私たちに大切なお六櫛をおみやげにくださいました。

     

    これは髪をとかすだけじゃなく、私の大事なお守りになると思います。

     

    青柳さん、そしてこのご縁を作ってくれた中日新聞さん、ありがとうございます。

     

    そして、すぐ一緒に動いてくれるちゃちゃカフェの仲間たちもありがとう。仲間たちがいなかったらこんなにいろんな世界は広がらなかった。

     

     

    |10:00| ちゃちゃカフェレポート | comments(2) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
    梅雨時のお愉しみ
    0

      今日も雨、そして雨が上がるとむしむしと暑くて、間もなくの夏!を覚悟させますね。

       

      この湿気やら暑さで、お店のグリーンカーテンが急成長、ここ2、3日で青々と伸びてきた気がします。

       

       

      東栄町のホタルも今 乱舞の真っ最中。

       

      「山のレストランさかた」さんが毎年 ホタルを見に行く会を企画してくれるので、それに便乗して、ホタルめぐりのスポットに連れて行ってもらいました。東栄町の豊かな自然をいつも大切に取り込んでいるご夫婦で、下見もしっかりしてくれていて、天体望遠鏡も設置してあり、当日はちょうどストロベリームーンという満月の日で、その説明もしてくれましたよ。

       

      粟代地区、それから千代姫荘の裏あたりに行きました。たくさんピカピカひかっていました。幻想的、川だけじゃなく山の上も飛んでいるので驚きです。名古屋から来たおばちゃんたちも、うっとりしましたね。

       

      ホタルの写真はむつかしいので、相沢さんに専門的な写真を撮ってもらいました。

       

       

       

       

       

       

       

      「ほ、ほ、ほーたるこい、あっちのみーずはあーまいぞ、こっちの・・・」

      もう一人のおばちゃんは、童心にもどって歌っちゃいましたね。

       

       

       

      さて、次の日は前から約束していた古民家訪問の日です。

       

      海のみえる、深谷さんの古民家

       

      お庭はいつもぐるりと箒のすじが入っていて・・

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      前も一度お邪魔しましたが、それから調度が増え、一段と落ち着く快適空間になっていました。

       

      今回はこの古民家で、蕎麦打ちをしてみんなで食べるという企画です。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      とても美味しかったです。深谷さんも海の物、とりがいや、メジロの干物などをたくさん用意してくれて、みんなで持参した天ぷらや、煮物、漬物などを並べていただきました。

       

      なごやかで、ゆったりとしたこの空間、みんな思い思いにくつろぎました。

       

      深谷さんから、また、いつでも来てくださいよー、と電話があったので、またみんなでおじゃましまーす。

       

      楽しい一日をありがとうございました。

      |19:18| ちゃちゃカフェレポート | comments(2) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
      チャリティーコンサート
      0
        (仲間の春ちゃんが長期旅行の前にこのポスターを作っておいていってくれました)

        先週の、オカリナ、ギター、ソプラノのコンサートでは 素敵な いい時間が過ごせました。

        たくさんのご協力に感謝です。

        「楽しかったー」 「きれいな音色!」 「歌を聴いて涙が出たわ、自分の日常に歌詞がすとんと落ちた、こんなことはまずないんだけど…」 「よかったねえ」

        みんなの声がとても嬉しかったです。

        そして、コンサート中も、コンサートの前も後も、募金箱にたくさんお金を入れてくださった方たち、この気持ちを無駄にしないように、きちんと被災地の人たちに届けますね。詳細はまた あらためてご報告いたします。


        コンサート発起人のラムさん、毎年 東北に復興支援にでかけます。


        オカリナグループ「木漏れ日」さん、なぜか田原産キャベツを持っている。このキャベツもチャリティーで皆にたくさん買ってもらいました。



        ギターの谷川さん 何でも弾けます。合唱の伴奏もお手の物。

        今回、名古屋から駆けつけてくれたソプラノの平田さん、昔の私の職場の仲間。交通費もギャラも無しというひどい待遇にも笑って参加してくれました。みんなの喜びが私の喜びだって。




        みなさん チャリティーコンサートありがとうございました

        付録 動画 * ソプラノの歌と、カホーンの演奏を入れてみたけど無理だった。



        |11:41| ちゃちゃカフェレポート | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
        東栄町の花祭り 始まっています
        0
          11月14日に 三ケ日の黒田さん、新作のF1を持ってまた東栄駅に来てくれました。今度は人が乗って運転できるすぐれもの。ナンバーもちゃんと取得しています。

          さっそく駅まわりを試運転。西村さんスイスイと運転していました。

          ちょうど駅前のJRの機器室の壁面に花祭りの絵が描かれ、東栄町の観光に一役買っています。




          11月3日の東栄フェスティバルを皮切りに、小林、御園、東薗目、月、足込、河内地区と次々に花祭りが行われました。

          今年は暖かかったので、ランニングシャツ一枚で舞っている人もいて、驚きでした。普通はダウンジャケットを着て火のそばで体を温めないとつらい祭りです。湯のみで酒を回し飲みしていたり・・・
          今年の御園の花祭り、私はコート無しで見学しました。



          写真提供は相沢さんです。御園と東薗目地区でした。

          今度の土、日(12/5、12/6)は 中設楽地区で行われます。



           
          |08:34| ちゃちゃカフェレポート | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
          ちゃちゃカフェの息子たち
          0
            今日は、かずき君の門出の日です。

            朝6時24分の電車で東栄駅を出発します。
            門出
            あこがれのJRに就職が決まって、三島に研修に行くのです。

            お母さんに車で駅まで送ってもらって、初めてのスーツ姿がピッカピカの社会人一年生です。、

            嬉しくて笑顔がこぼれっぱなしです。


            かずき君はちゃちゃカフェがオープンした時にちょうど高校性になり、毎日、駅から電車で佐久間高校に通い始めました。

            興味津々でカフェを覗いて、時々お小遣いでケーキを食べてくれました。

            でもカフェよりも駅が好きで、学校が休みの時も駅通いをして、青春18切符などであちこち行って電車の写真を撮っていましたね。

            鉄郎さんの仲間も多くて、さすがにこの道はツウです。

            大雨や台風でダイヤが乱れて、混乱して困っているおばちゃんたちに、的確なJRの情報を教えてくれたり、カフェのお客さんたちのために、時刻表や、ワンマンカーの乗り方のガイドを書いて店に貼ってくれたりしました。

            「今どきの子にしては、すれてなくて、かわいくて、ホントにいい子!」とおばちゃんたちが絶賛しました。

            マダムキラーじゃなくて、おばちゃんキラー??

            「おばちゃんたちに好かれんでもいいから、若い女の子にもてろよ」と近所のおじちゃんが忠告・・・

            大雪4


            あの大雪の日、JRは止まるし、学校は休みになるし、かずき君は一日 駅で雪かきをしてくれました。

            駅のホームの上、電車の乗降口の前と目の付け所がさすがでした。

            最後は遊び気分で山盛りに雪を積んでいました。
            雪
            そして「今日は充実した一日だった」と言って帰っていきました。


            かずき君、おめでとう!!

            ステキなJRマンになってね。


            ゆうき君
            ゆうき君

            こちらは2歳です。

            ちゃちゃカフェの初めての冬、閉店後、厨房で電気をつけて明日の準備をしている時、近所のSさんがやってきて「産まれたよ!男の子だった・・・よかったあ・・・」

            「僕はうれしい・・・」

            結婚したこと、奥さんがおなかが大きいこと、もうすぐ生まれること、浜松から引っ越ししてくること、逐一報告を受けていましたが、お産は大事件で、彼の眼にはうっすら涙が光っていました。

            こんなに感動してくれて、奥さんも赤ちゃんもなんて幸せでしょう。聞いた私も、とても幸せな温かい気持ちになっていました。

            あれから2回夏と冬が来て、これから3回目の夏に向かいます。

            ゆうき君は本当にみんなに愛されてすくすくと育っています。

            電車好きのお父さんの影響をしっかり!受けて、親子で毎日、駅に電車を見に来ます。

            ホームで、お母さんやお父さんに抱かれて電車に手を振っているゆうきの姿はいまや東栄駅のシンボル?マスコット?みたい。

            駅員さんも手を振ったり、警笛を鳴らすサービスをしてくれたりします。

            この頃、ゆうき君は「デンシャ、デンシャ」と得意げに喋るようになりました。

            線路の周りを、おしりをふってタカタカ小走りしている「ゆうき君」とそれを追いかけているお母さんやお父さん、平和で幸せな一コマです。
            |20:23| ちゃちゃカフェレポート | comments(2) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
            たくさんの出会いと別れ
            0
              先日お店に寄ってくれたお客さんがふっと「やえさんがなくなってねえ」と話し出してくれました。

               


              おととしの夏から冬頃、頻繁に来てくれた津具の方です。東栄病院に息子さんが入院してみえて、同じくご主人が入院してみえる女の方と一緒に、毎日、毎日来てくれました。

              「ここに来ると本当に落ち着くの」

              それから、ぽつりぽつりといろんなお話をしてくれるようになり、私はひきこまれていつも真剣に聞いていました。難病の息子さんのこと、なぜ息子さんが病気になってしまったかということ、家族間のいろんな問題、それでも前向きに一生懸命生きていること。

              もう一人のご婦人は、津具で「きらきら文庫」を開いていて、子供たちに本の読み聞かせなどをしていました。いろんな資料をみせてもらいました。ご主人は病気で結局亡くなってしまいましたが、ご婦人は悲しみを乗り越えて、たぶんお元気に活躍してみえるのではないでしょうか。

              「やえさん」のことがずっと気になっていました。息子さんは危ないとは聞いていましたが、まさか「やえさん」まで亡くなってしまうとは思いませんでした。

              息子さんが亡くなって3日後に、やえさんが後を追うように亡くなってしまったそうです。

              知らなかった・・・




              ちゃちゃカフェがオープンした時から週に2回、ずーっとモーニングセットを食べに来てくれたN夫婦。

              ちゃちゃカフェから15キロ離れた振草地区の方です。いつもいつも2年半通ってくれました。

              お二人の雰囲気がいいのか、ちょうどテレビ放映(人生の楽園)の下見に来ていたディレクターが目につけ、取材期間中ずっとN夫婦を探し回りました。

              ところがN夫婦の奥さん、テレビに映るのが嫌で逃げ続け、やっと電話番号を見つけたディレクターが連絡を取っても、用があるからと来てくれませんでした。

              テレビが終わってから、またいつものようにおかずや、漬物などをもって来てくれるようになりました。

              N夫婦、いつも奥さんが運転をして足腰が弱ったご主人を支え続けていました。

              「ねえさん、これうまいでな」と、いつも奥さんがくれる金山寺味噌や煮物などの説明をして帰っていく姿が脳裏に焼き付いています。

              Nさんの容態が悪化したのは10月ごろ、奥さんからしばらく行けれないからと連絡がありました。

              年の瀬の12月30日、東栄病院にお見舞いに行ってみると,Nさんは個室に入っていて、ベッドの傍らで奥さんが机にもたれかかっていました。ご主人は酸素マスクをして、肩で息をしていました。これは尋常ではない。
              言葉少なに挨拶をして帰りましたが、その夜Nさんは亡くなりました。

              正月休みで私は名古屋に帰っていて、Nさんのことはその後知りました。





              「はるおさん」のこと。

              はるおさんは透析患者さんで、週に3回JRで水窪のほうから東栄病院に通っていました。

              ちゃちゃカフェのおはぎが大好きでいつも帰るとき必ず、2個、4個と買っていってくれます。

              あれ、あるかね?と恥ずかしそうに笑って買ってくれます。一度食べたらおいしかったので癖になってしまった、と笑います。

              わらびもちもいつも一緒に買ってくれました。

              持って帰ると孫にみんな食べられてしまった、とまた楽しそうに笑います。 

              はるおさんは、いつも明るくて、にこにこしていて、「おはぎのお客さん」以上のお客さん、なんだか暖かいものをいつも私に注いでくれていました。

              晩秋だったか、はるおさんが東栄病院に入院したと、奥さんが訪ねてきて教えてくれました。

              その時はまたすぐ元気になっておはぎを買いに来てくれると思っていました。

              寒くなったころ、東栄病院の看護婦さんがおはぎを買いに来ました。「はるおさんに食べさせてあげたいから。おはぎを食べたら元気になるかもしれない」

              はるおさんは弱ってきていました。

              年末に私がおはぎを持ってお見舞いに行くと、はるおさんはベッドのすきまに落ちて足をバタバタやってあがいていました。よいしょと体を起こしてあげると恥ずかしそうに笑いました。奥さんに電話をしようとしたら、携帯をベッドの隙間に落としたらしいのです。あの、あたたかい、人の好さそうな恥ずかしそうな笑顔はそのままでした。


              はるおさんも、その後亡くなりました。一昨年前のことです。

                             
                 (画像は、kulkul*pelさん…店の常連さん…に入れてもらいました)

               
              |15:44| ちゃちゃカフェレポート | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
              | 1/2 | >>
              LATEST ENTRY
              ARCHIVE

              (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.