| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ChaCha*日記


クラブ活動 復活〜
0
    なんとなく春の日差し、気配になってきて、ちゃちゃカフェのみんなも うきうき、そわそわ。

    幡豆の古民家の人が、海で岩ガキをたくさん採ってちゃちゃカフェに持って来てくれました。




    ストーブの上で焼いて食べました〜  潮の香りがして、美味しーい。殻をこじ開けて食べるのが嬉しくて幸せなひと時でした。

    ありがとう! 今度は蕎麦打ち部員がこちらから出かけますね。

       *  *  *  *  *               *  *  *  *  *            *  *  *  *  *  

    そして今日は 島田市までお寿司を食べに出かけました。

    ちゃちゃカフェに、時々来てくれる尾張旭市のご夫婦が、行ってきました と見せてくれたタブレットの写真、すごくお値打ちで美味しいのよ、と言われて もう行かずにはおれない私たち、こういう相談はすぐにまとまって、仕事の段取りもささーっとつけてしまって、ちゃちゃカフェの定休日にみんなで出かけました。




    いやいや、おいしかったです。さすがグルメのご夫婦の行かれるお店だけあって、お寿司屋さんも隣の魚屋さんも期待を裏切らず、また行きたーいと思いました。

    「魚中」というお店です。

           *  *  *  *  *            *  *  *  *  *            *  *  *  *  *  

    帰りに掛川の花鳥園に寄りました。きれいなお花(温室)と鳥たち、まるで熱帯の楽園みたいでした。






    時がたつのを忘れ、遠足のようにはしゃいだ楽しい一日でした。
    |18:49| ちゃちゃカフェの日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
    怒ったり笑ったり 忙しかった2016年のはじまり
    0
      仕事始めの1/8の前日、一本のストーブ屋さんの電話から事件は始まりました。

      といっても、なるべくしてなったような、ここらではっきりと決着をつけなければいけないことでした。

      かっかと怒りわめいている私に、お客のTさん➡変人クラブの会長 は「あぶない、あぶない、こりゃーいかん。血の気が多すぎる。ちょっと血を抜け〜」と、私をからかっていました。

      みんなが心配して私の話を一生懸命聞いてくれました。みんながいろんな意見をくれました。

      温厚なお客のIさんも、思わず私のことを「ばかー」と叱ってくれました。

      あちこちに電話をしたり、弁護士さんのところに相談に行ったり、毎日 毎日 いろんな角度でこの事件の事を考えました。

      誰も悪くないのだけど、加害者も被害者もないはずなのだけど、変なことになっていました。

      どうしよう・・・

      考えつめた結果、私は直接行動に出ることにしました。どんなことでも、真摯に話し合えば解決できるはず。

      でもお金がからむと、妙な方向に行ってしまって、ストーブ屋さんとの話し合いはかみあいませんでした。

      人間性さえも否定されてしまいそうで、呆然となりながら帰宅しました。

      この件は、しばらく休止。私の中ではもう終了事項として整理しました。



      店のストーブは、どっしりと座って、そんなことは関係ないよという顔で、チラチラと炎を上げ赤く燃えています。

      みんなが運んできてくれる薪を暖かく燃やしてくれます。

      ストーブ事件のさなか、読売新聞社が突然、取材に来てくれて、ちゃちゃカフェのことを報道してくれました。



      全国版、そしてその記事は海を渡ってハワイにも行ったようで、2/12に、なんとちゃちゃカフェに国際便が届きました。

      レノルド・吉村さんから、たくさんのハワイのコーヒーとキャンディー、ナッツ、カレンダーが送られてきました。

      お手紙には、2/3の読売新聞ネクストライフの記事を読み、貴殿の奮闘している姿に感動し、ちゃちゃカフェに微力ながら貢献したいので小包を送ったとありました。

      ありがとうございます!!

      レノルドさん、15歳のとき久留米市から家族でハワイに移住し、サラリーマン生活を終えた後、のんびりと暮らしている、時々日本に行き、温泉に行ったり、和食を食べたり、撮った写真をアルバムに貼るのが趣味と書いてありました。

      5月に3週間くらい日本に行くそうなので、東栄町にも寄ってくださるといいな。

      レノルドさんが届けてくれたハワイの風、なんだか嬉しくなってしまって、

      ちゃちゃカフェの仲間たち、ハワイに行こう!という案が出て、今その話で楽しく盛り上がっています。

      実現するといいなあ。

      そしてもうひとつ。

      2/14 バレンタインの日の夕暮れに ちゃちゃカフェに来てくれたお客さん、

      愛のプレゼント。



      ハモニカで「故郷」を吹いてくれました。心にしみる音色で、ジーンとして涙が出そうになりました。

      本当にたくさんのお客さんたちに、励まされ、助けられ、元気づけられて、日々暮らしています。


       
      |00:44| ちゃちゃカフェの日常 | comments(2) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
      作品展 
      0
        あけび・さるなし・ぎんなん・あずき・など秋の収穫物がちゃちゃカフェに集まりました。



        さて、今回はちゃちゃカフェのお客さんの作品展です。

        ずっと前、はるばると関市からちゃちゃカフェを訪ねて来てくれたお客さん、話がはずんで楽しかった覚えがあります。

        そのお客さんからハガキが届きました。



        ちょうどお店が定休日で、私は名古屋に行く用があり、その勢いで関市までエイと出かけました。

        レインボーハートフル♡というのは障害者の施設に併設された喫茶店で、手作りのパンやクッキーも売られていました。

        その一角に、彼女の作品が飾られていて、とてもいい雰囲気で会場に溶け込んでいました。



        美しい着物、素朴な木綿のパッチワーク、一針一針ていねいに縫われています。

        忘れていた・・・

        この頃 針仕事に遠ざかってしまって、色を合わせたりする喜びや、根をつめた後の満足感を味わっていない。

        ちくちくクラブは会員さんが一生懸命やってくれているけど、わたし何か忘れているなあ・・・

        大好きで、毎日つないでいたパッチワーク。旅行に行っても電車の中でも針を持っていた。病院の待ち時間など たくさん縫えるので喜んでいた。

        針を持つのが生活の一部だったのに、この頃変わってしまった。

        ちゃちゃカフェの中で、ケーキを焼いたり、食材を買いに行ったり、庭を掃除したりでいっぱい、いっぱい。

        いやいや、自分の中で配分を考えなければ・・楽しいことの順位を考えなければ・・

        関市の作品展は、あまりに作品が素晴らしかったので、縫い物への郷愁みたいなのを呼び起されました。

        そしてまた、ちゃちゃカフェでの出会いに感謝です。
        |23:07| ちゃちゃカフェの日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
        ちょっと夢中になりました
        0
          今年の夏、こんな光景がちらほらとみられました。





          「見えない〜」 「見えた!」

          団扇の中にみえるはずのものを見ようと、みんな真剣になりました。

          やっぱり 見えない・・・

          うちわを持ってきた人も、私も、長い間見えなくて もうあきらめていました。

          だけど、知多から来てくれたお客さんが、「見えたー! わかった! こうするの」

          と 目の使い方、焦点の合し方を教えてくれて、そうやってみたら見えました!

          おおーっ  不思議な世界。絵が立体的になって浮き上がってみえてくるのです。

          それから急に楽しくなって、本屋に行って『マジカルアイ』という雑誌を買ってみるようになりました。

          目がどんどん良くなるといううたい文句つきです。

          トレーニングを積んで、疲れ目を解消しなくてはね。



          暑い夏の間、ちょっとお休みしていたおじいちゃんが、また電車に乗って豊橋から東栄駅までコーヒーを飲みに来てくれるようになりました。

          ちゃちゃカフェで一服して、次の電車で豊橋まで帰っていくというコース。嬉しいお客さんです。

          このおじいちゃん、いつもにこにこして面白いことばかり言っています。落語家になりたかったそうで、漫談は得意です。

          一週間後にまた来てくれたとき、ちょうど店内に変人クラブの会長と、副会長がいました。

          おじいちゃん、会長の頭を見て「あんた ええ帽子をかぶっているなあ」と笑います。

          「じいちゃんのもあるよ。かぶってみい」

          ということで、三人かぶって記念撮影。


          題して 水戸黄門

          助さん、格さんを従えた黄門さまです。

          「控え居ろう! このお方をどなたと心得るか 」

          会長と副会長がぴったりくっついていますよー。

          おじいちゃんも変人クラブの会員登録オッケイ(そんなものあるか〜)です。

           
          |17:01| ちゃちゃカフェの日常 | comments(1) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
          ちゃちゃカフェのクラブ活動
          0




            ついに食べちゃいました。



            東栄駅前で育てているヘビウリです。塩もみにしたらキュウリより美味しかった。

            今年は猛暑が続き大変な夏でした。でも、ちゃちゃカフェは 楽しい仲間が集まってきて わいわいがやがやと、次から次へ楽しい企画が続きました。


            みんな個性的。みんな得意分野があって、それぞれの世界では誰にも負けません。そして、勝ち負けなど誰も意識せず みんな好き勝手にやっています。

            みんなに会うのが楽しいから、ちゃちゃカフェに来てくれるみたい。

            岡崎、浜松、豊田、田原、三ヶ日、浦川、東栄のひとたち。何かあるたびに全員集合です。

            私はひそかにこのグループを「変人クラブ」と呼んでいました。

            「僕は変人じゃないから、このクラブを脱退するよ」 「私も変人じゃない!」

            とは言うものの、魅力的な変人さんばかりです。

            蕎麦打ちパーティー、浜名湖での魚釣り、バーベキュー、高原めぐり、ブルーベリー摘みなどを楽しみました。

            労働では、草刈り、ブルーベリー畑の管理などをやってくれました。

            最新号は これ。 「夏よ、さよならパーティー」

            W嬢のFBより引用します。

            「昨日は楽しい一日でした。夜は何時もの仲間が集まって鮎飯、鮎の味噌汁、素麺カボチャの酢の物、ヘビウリの塩揉み、茄子の粕漬け、夏野菜のキムチ等々、手作りの品々をお腹一杯頂きました。」






             
            |23:27| ちゃちゃカフェの日常 | comments(4) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
            暑中お見舞い
            0
              暑中お見舞い申し上げます

              チャチャカフェはお盆休み中も平常通り8月14日(金)〜8月17日(月)営業いたします
              皆様のご来店お待ちしております




              今、お店の前で咲いている花たち
               
              |10:07| ちゃちゃカフェの日常 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
              | 1/5 | >>
              LATEST ENTRY
              ARCHIVE

              (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.