| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ChaCha*日記


つばめ
0

    今年もつばめの巣作りの季節。

     

    ずっと前から、ちゃちゃカフェの入り口の辺りに鳥の💩らしきものが…

     

    そして4月の初め頃、ちゃちゃカフェの店内にぴゅーっとつばめさんの侵入!!

     

    チュンチュンとややけたたましん声で、二羽が旋回しています。

     

    二羽並んで天井の梁に止まって可愛いんだけど、かんべんして〜

     

    そこにお家を作られたら、カフェでコーヒーを飲んでるお客さんの頭の上やカップにうんちが落ちてきてしまう。

     

    一生懸命追い払いました。

     

    外に作ってちょうだい。

     

    でも、でもJRさんもつばめの巣を見つけたら、すぐ壊すことになってるらしく、毎年作る、壊すの繰り返し。つばめさんも必死なのでいつの間にかささーっと作って、卵を産んでいます。突貫工事なので、巣が弱くて去年はつばめの卵が落下するというかわいそうな事故がありました。

     

    今年、複雑な気持ちで様子をみていたら、駅の入り口の電球の上に巣を作り出しました。作っちゃダメとネットをかぶせてあったのに、それを押しのけ狭い場所で落ちそうになりながら作っています。

     

    4/17 JRの人が巣を棒でたたき壊そうとしている瞬間に立ち会ったので、これを残して、これがあったらつばめもちゃちゃカフェの店内に来ないから、とお願いしました。

     

    困ったなあ、フンが落ちなければいいんだけど…ということなので、それからすぐ森林組合の谷川さんに電話して、緊急にフン除けを作ってもらいました。

     

     

     

    いつもいつも谷川さんには難題を押し付けお世話になっています。この日は雨で、谷川さんも山の仕事が休みでラッキーでした。

     

    変なものがついて、つばめもビックリしたようだけど、今までどおり巣作りに励んでいます。

     

    東栄駅のまさに入り口。

     

    見上げればかわいいつばめのあかちゃん、という日がまもなく来ることを祈っています。

     

     

    今日はこの地域の春祭り。みんなで山車をだしたりのぼりを立てたり準備が始まっています。

     

     

     

    |10:13| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
    やあやあ どうするんだ車
    0

       

      レノルドさんお見送りの日、早朝とんでもない事件が起きました。

       

      朝5時、ピンポーンと私の家の玄関が鳴って、田原のキャベツのおっちゃんが「わしは今から田原へ帰ります。あんたが健康の館へレノルドさんを迎えに行くように」と言いに来てくれたのです。

       

      東栄町に2晩泊まっていろいろ手伝ってくれ、朝レノルドさんたちを宿からちゃちゃカフェに連れてきてくれる係でした。

       

      しかし、本業の農業がどうにも気になって、一晩考えた結果やっぱり帰ってメロンの苗を植えようと宿を飛び出してきたみたい。

       

      「お疲れ様〜」と声をかけたのですが、その後ちょっとたってガッチャーンというすさまじい音!!

       

      そしてほどなく雨でずぶ濡れになった鈴木さんが(キャベツのおっちゃんが)また来ました。「車が落ちて上がらなくなってしまった」

       

      坂を下りた所の小屋にぶち当たりにっちもさっちもいかなくなっていました。

       

      困りました。ストーブで濡れた衣類を乾かしながら、あちこちに電話しました。西村さんはもう起きていてすぐに私の家に来てくれました。

       

      近所の牧野さんも気にして見に来てくれました。警察にも連絡して事故証明を取りました。JAFのレッカー車も呼びました。

       

      あとからわかったことですが、大変な事故で、鈴木さんが生きているのが不思議なくらいの事でした。

       

      小屋の持ち主のHさんは、「おじさん空を飛んだね」と言いました。道のないがけっぷちを突っ切ったらしいのです。あわや転落しているところでした。

       

      そしてレッカー車が車を引っ張り出しているとき、木の棒がフロントガラスを突き破り、ハンドルのちょっと先まで刺さっていたそうです。もうちょっとで鈴木さんは串刺しでした。

       

      現場を見た西村さんは怖くて震えたと言います。

       

      小屋が木造で、肥料袋などがいっぱい入っていて衝撃を弱めてくれたのも幸いしました。

       

      とにかく鈴木さんは不死身でした!!!

       

      小屋は全壊、車は全損、廃車なのに、鈴木さんは無傷でした。

       

      車はレッカー車で、鈴木さんは西村さんに送られ田原に帰りました。そして、予定通りメロンの苗植えを終了させたみたいです。

       

      一日置いて、鈴木さんは軽トラックで東栄町のみんなにお詫びの挨拶に来ました。

       

      大変だったけどよかった、よかった。鈴木さんは奥さんに叱られ、当分東栄町に来られなくなるかもしれないけど、なんだか、不幸中の幸いみたいな事件でした。

       

      レノルドさんおもてなしの3日間イベントが、ぶっ飛んでしまった事件でした。

       

      レノルドさん、今回雨でたたられ、洋式のトイレを探す面倒もあり、ハプニング続出でしたが、「懲りずにまた来まーす」と言って飯田線に乗っていきました。

       

      ちゃんちゃん。

       

      ・・・・・・−−−・・・・−−−・・・・・・ ( ^ω^)・・・  ・・・・・・

       

      おまけのこと

      私のスズキくろべえ、鈴木さんに売っちゃおうかな?くろべえは、鈴木さんの車と同じ形で、キャベツの籠が70も入るすぐれもの。私にはやっぱり大きくて持て余しているので、こうなる運命だったのよね、と勝手に解釈して、今わたしの次の車を物色しています。

      人生の急展開についていけない。

       

      このところ、ずっとバタバタしています。

       

       

      まもなくちゃちゃカフェも6周年です。5/5、5/6、5/7の3日間 6周年祭をやろうかなと考え中です。

       

       

       

       

       

       

      |17:26| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
      ハワイから来てくれました。そして仲間の交通事故!
      0

        4月5日に予定通りハワイのレノルドさんと、ウエンドルさん、クレイトンさんがちゃちゃカフェに来てくれました。飯田線で16時11分の東栄駅着です。

         

        待っていました〜 

         

        この日に向けてちゃちゃカフェクラブはいろんな準備を進めてきました。森下さんの山でヨモギを摘んだり、石臼を借りて西村さんの家に運んだり・・・

         

        西村さんは竹を切りに行ったり・・・釣り名人がアマゴを50匹も釣ってくれたり・・・

         

        宿は二晩とも東栄温泉の隣の「健康の館」ハワイからレノルドさんが予約を入れていました。ゆったりとしたベッドがお気に入りです。

         

        最初の晩は西村さんの東栄町の家で餅つきと魚料理です。

         

         

         

        ヨモギとキビの餅をつきました。きな粉、あんこ、大根おろし、黒練りごま、納豆(これはアメリカ人は苦手だったみたい)などをつけて食べました。

         

        レノルドさん要望の魚の竹蒸しも作りました。定番の塩焼きもしました。ギョーザや甘酒の差し入れもありました。

         

        私はバタバタしてあまり写真を撮らなかったので、また情報が集まったらアップしますね。

         

        夜暗くなるまで戸外の宴会を楽しみました。

         

        次の日は浜松のフラワーパークに出かけ、いちご狩りとお花見をしました。

         

        レノルドさんと、チャング兄弟(中国系アメリカ人)

         

        桜の花の下でお弁当を食べていたら、雨がザーッと降ってきて蜘蛛の子を散らすように皆退散したのですが、男子三人は悠然とお弁当を食べ続けました。二人はお行儀よく正座しています。

         

         

        フラワーパークのトレインの車窓からです。

         

         

         

        雨が本降りになってきて、早々にちゃちゃカフェに帰りました。

         

        夕食は恒例の、和田さんの手打ち蕎麦です。和田さんが昼間蕎麦を打ち、てんぷらを揚げてくれました。雨で、外で釜で蕎麦を茹でることができなかったので、皆で手分けして、近くの私の家の台所で茹でてくれました。

        あずま寿司を取りに行ってくれた人もいて、ちゃちゃカフェでテーブルセッティングをしてくれた人もいて、みんなの動きはすばらしいチームワークの良さです。私は場所を提供してウロウロしているだけ。

         

        蕎麦の写真も撮り忘れ、(食べる方に真剣になり)、レノルドさんたちをもてなすことも忘れ、ひたすら食べていた私です。

         

         

        西村さんがハーモニカを吹いてくれ、唱歌をたくさん歌いました。勿論それで済むわけではなく、井口さんのムード歌謡も始まり、竹内さんのお笑いも盛り上がり、なんとも賑やかなちゃちゃカフェの夜です。

         

        新入りの?六反田さんもほろ酔いで、泳げタイヤキ君を熱唱しました。

         

        そして西村さんがしっとりとオカリナを演奏してくれ、いい余韻を残しました。

         

        ただでライブを楽しめちゃったなあ。

         

         

        そして、次の日レノルドさんたちを見送る日、事件が起きました!!!

         

         

         

         

        |12:35| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
        渡辺静枝 手しごと展 杜のすみかにて
        0

                                                            3/28神田の黒梅

           

          はやくニュースを出さなくちゃ、と思いながらやっと今日、お店が終わってこれを書いています。

           

          渡辺静枝さん、ちゃちゃカフェのちくちくクラブの一番熱心な会員さん。5年前、ちくちくクラブを開いたとき、いの一番に飛んできて、何を縫いましょう、何を作りましょうと積極的にかかわってくれた方です。水窪という遠いところから休まずに来てくれます。

           

          最初の頃こそ、私も手芸クラブができて嬉しくて、あれこれ提案して袋物やミニタペストリーなど作っていましたが、カフェ業務に追われて縫っている暇がなくなり、本来好きな針仕事が中断しました。

           

          それでもみんなで集まって、手芸の刺激を受けるのが楽しくて、細々とちくちくクラブは続いていました。

           

           

          「杜のすみか」というギャラリー喫茶ができたのが1年位前。ちゃちゃカフェの常連の相沢さんがそこで写真展をやり、みんなで見に行った時、その環境の良さ、雰囲気の良さにひかれて、そこで渡辺さんも個展を開くことにしたのです。

           

          渡辺さんの娘さんが、たくさんのお母さんの作品を発表したいと立ち上がって、去年1回目の渡辺静枝 手しごと展(押し花)が行われました。

           

          今回は2回目、(吊るし雛)です。

           

           

          3/28 私は飛んで見に行きました。4/5までなので、私はこの日しか空いていません。

           

          渡辺さんは会場にいて、作品などの説明をしてくれました。

           

           

           

           

           

           

           

          私がびっくりしたのは、作品の精巧さもだけど、それ以上に渡辺さんの頑張りぶり。今回の展示にあたって、作品を飾るための額や吊るし台を、木工の先生に習ってヒノキ材で自分で作ったことです。何度も教室に通って作り上げたそうです。

           

          お地蔵さまが入っている籠もクラフトテープで自分で編んだもの。ちくちくクラブが一時、かご編みクラブになっていた時、渡辺さんはしっかりそれも習得して自分のものにしてしまいました。

           

           

          あった〜右上の鯉のぼりがちくちくクラブでみんなで取り組んだもの

          何事も全部吸収して、次から次へ展開していくやる気、前向きさ、ほんとにほんとにすごい、脱帽です。私が渡辺さんの年齢になったとき、こんなに元気で積極的でいられるだろうか、そしてこんなに何でもできるのに、謙虚で、今度作るもの教えてね、というセリフ、びっくりびっくり、能ある鷹は爪を隠すという格言、渡辺さんのことです。

           

          ひやーあ  ちょっと堕落しかけのちくちくクラブ、渡辺さんを講師にして再建を考えた方がいいかもしれません。

           

           

           

           

          |19:51| - | comments(3) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
          | 1/27 | >>
          LATEST ENTRY
          ARCHIVE

          (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.