| CALENDAR | RECOMMEND | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | LINK | PROFILE | OTHERS |

ChaCha*日記


令和元年*ちゃちゃカフェの8周年
0

     

    2011年の5月にちゃちゃカフェがオープンしてからもう8年たちました。平成から令和になったばかりです。

     

    記念日の3日間はたくさんの人たちが来てくれて、親戚の人たちに囲まれたような嬉しい時間、あの人もこの人もありがとー!でした。

     

    5日の夜にこのブログを書きかけ写真挿入で失敗して、また明日とパソコンを閉じていました。そして7日の今日、続きをやろうと中を開けたらカラッポ!!  またやっちゃった!

     

    あの時一生懸命書いた文章は全部消えて、写真が一枚貼ってあっただけ。同じテンションで書くことは不可能なので、また今の気分で8周年を振り返ろうと思います。

     

     

    浜松のSさんご夫婦。毎年5月の記念日にお花を買ってきてくれます。今年はインパクトの強い黄色いバラの花束。

     

    思い出せば8年前、魚釣りの帰りに濡れた体をストーブの前で温めたのが出会いの始まりでした。魚やウナギ、竹細工のトンボ、ワラビなどいろいろ頂いたなあ。石亀を、欲しがっている人に捕獲してくれたこともありました。

     

     

    名古屋の「シルバー応援隊」のOさん、お友達をたくさん連れて時々東栄町に来てくれます。今回は1週間前に来てくれて3日はお花を送ってくれてびっくりしました。

     

     

    お客さんがたくさん来てくれ、名古屋からも毎年姉や友達が手伝いに来てくれるので、私はルンルンと楽しく過ごしていました。

     

    毎年の事なので、近所のおばちゃんもお昼ご飯を作って通ってくれ、スタッフ弁当を食べるのも楽しみの一つ。なんてありがたいんでしょう。

     

    あちこちから本当にたくさんの人が来てくれました。感謝の気持ちでいっぱいです。

     

    これはプレゼントにいただいた絵手紙です。「初めてマスターにあげるんだよ」と言われじっくりと見ました。動きにくい手で書いてくれた大事な手紙です。

     

    彼は11月の「飯田線写真展」に来てくれて一緒に座ってお話をしました。マスター、マスター、と私の事を言います。

     

     

    その時の写真です。肢体が不自由なんだなあと思いましたが、明るい青年でした。

     

    彼が帰るとき、「ブログに出しといてね」と言ったので、これは絶対に出さなくては…です。遠くから来てくれてありがとう。

     

    今隣の部屋でやっている【着物リフォーム展】は6日で終了しました。

     

     

    作者さんが名古屋から来てくれたので一緒に記念撮影をしました。実は私の姉です。12歳年上です。

     

    大腿骨を骨折してしばらく入院していたので、この個展が予定よりだいぶ遅くなりました。ちゃちゃカフェの8周年記念と重なって、私にとっては良い記念になりました。

     

    こちらも、たくさんの人に見ていただいてありがとうございました。

     

     

     

     

     

     

    |22:22| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
    平成最後の日は、ちゃちゃカフェのパーティーでした
    0

      「庭の石窯でピザを焼いてあげるわよ」と山奥の一軒家のステキなご夫婦が声をかけてくれたので、ワクワクしながらこの日を待っていました。ちゃちゃカフェの御一行様、皆の都合が合致して4月30日に決まったのです。前に「愛知県のベニシアさん」という題でちゃちゃ日記に投稿した、あの素敵な暮らしのご夫婦のお家です。

       

      天気予報は雨!気をもみましたが、強硬に進めました。さいわい雨がだんだん弱くなり薄日がさしてくるまでに。

       

      綺麗なお庭も見れました。

       

      奥さんが作ってくれたクリスピーの生地にいろいろトッピングしたピザ、庭の窯で2時間も前から火を入れて待機してくれていたご主人は、もっぱら焼くのを担当してくれました。

       

      ハーブ練りこみソースも、唐辛子入り香辛料もすべて奥さんの自家製です。ルバーブのジャムもアップルパイの煮リンゴも、野菜のピクルスも、コトコト一晩煮込んだ野菜スープも全部奥さんの作品。本格的なお料理で本当に美味しい。

       

      最近、田舎料理にめざめた?なっちゃんもイタドリのジャムを作ってきました。

       

      山野草や雑草に詳しい和田さんは、さっそくイタドリの煮ものを作って前菜にしました。

       

      猫バスの黒田さんのベトナムコーヒー、恒例の和田さん&西村さんの手打ち蕎麦などもあって、おなか一杯になりました。

       

      (ここから先の写真は全部なっちゃんが撮ったものです。FBで流してくれたもので、食べ物も、植物も、人間もステキに撮られています。人の表情が何ともいいのは、撮っている人の愛情が投影されているのだと思います。私が撮った写真は雑だったので、使い物になりません。今回反省しました。写真の並べ順もいろいろやってみましたが、なっちゃんのがベストでした。今回はそっくりコピーさせてください)

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      |23:06| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
      筍もらったよ
      0

        もうすぐゴールデンウイーク、何となくざわざわしてきて、今日はお店で掃除をしたりケーキを焼いて明日からの営業準備です。

         

        なんとなくお店が埃っぽい、ずっと焚いてた薪ストーブの煙や灰が飛び散っているのかも・・・

         

        ブラインドを拭きだしたら余計汚くなって、汚れがだんだら模様になって手に負えなくなりました。これってどうやってきれいにするんだろう、毎日少しづつ拭くしかないかな。

         

        疲れ果てて外へ出たら、今度は草ぼうぼうの線路わき、オルラヤ(オルレア)がいっぱい育ってきましたが、間から雑草も負けじと育っています。雑草を抜くこと2時間〜。

         

        「宮田さーん」線路の向こうから近所のおばちゃんが声をかけてきました。

         

         

        「筍が採れたからあげるよ」

         

        まあ嬉しい。線路を渡って崖を上って、おばちゃんの家の庭に行ったら、掘りたての筍がゴロゴロ転がっていて4本ももらいました。ついでに線路わきで落ちていたというシカの角ももらいました。

         

        ここって、いつもシカが集団で走り回っている場所です。

         

         

        我が家の庭もシカの足跡が残っています。鉢合わせしたことはないけど時々散歩に来ているらしい。

         

        桜が散って、芝桜があちこちの庭を彩っています。黄色い花、白い花と見渡せばどこもきれいです。

         

        3月15日に始めた和布キルトもトップクロスだけは完成。寒い日があってこたつの中でやっていましたが、ふと見たらこたつカバーも同じ「ファン」のモチーフでした。これは10年以上も前にちくちく縫ったものです。

         

         

        和キルトはこの先の作業が恐ろしくあるのでいったん片付け、GWが終ってから再開します。

         

        東栄町の町長、議員の選挙があったり、もうすぐ、あさって三輪地区の祭りがあったり、ざわざわ、ざわざわの毎日が続いていましたが、そんな中で美味しいお蕎麦を食べる会があって、しばし癒しの時間をもらいました。

         

        和田さんのお家で手打ちそばの講習があり、実習生?の打ってくれたお蕎麦と、和田さんの集めてくれた山菜と草のてんぷらをいただきました。

         

        天ぷらを揚げてくれたなっちゃんのFBの写真を借りました〜

         

         

         

        春は本当に草が美味しいし、これを食べて体の毒素を失くしているような気がします。

         

        田舎暮らしにカンパーイ  といった生活、楽しんでいるみんなに感謝です。

        |23:07| - | comments(0) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
        相沢さんの写真展
        0

          この桜の美しい時に、その名も桜ケ丘ミュージアムというところで、相沢さんの「喜寿記念写真展」が行われています。

           

          今日新聞に大きく取り上げられたので、詳細は読んでみてください。

           

           

          初日に私も見に行きました。なんていったって相沢さんはちゃちゃカフェの超常連さん、ちゃちゃカフェの専属カメラマンでもありますものね。

           

           

          桜のきれいな桜ケ丘ミュージアムで、にこやかに出迎えてくれました。

           

           

          笑ってしまったのは、この重大な個展の入り口で相沢さんいつものように漢字ドリルを広げていたこと。ちゃちゃカフェでも毎回コーヒーを飲みながら、四字熟語や漢字を当てはめるゲームのような冊子を広げ実に一生懸命やっています。もう2年くらいかなあ。

           

          根気よく脳トレに余念がありません。

           

          いつもじたばたしない。何があっても余裕の笑顔で軽い冗談をかわす相沢さん。

           

          ちゃちゃカフェにある川柳の本は全部相沢さんの寄付です。写真で賞を取り、賞金は全部川柳の本にしてくれました。シルバー川柳、夫婦川柳、女子会川柳、還暦川柳、あるわあるわ川柳の本が10冊くらい。

           

          人生こういう目線で見ていたら、腹を立てることはないし、暖かいし、クスッと笑ってすべて解決です。

           

          相沢さんも自然の景色などに真摯に向き合って撮っていましたが、いつの間にか限界集落のおじいちゃん、おばあちゃんに目を向け、作業の様子や、ふれあいの姿などを撮影してくれるようになりました。

           

          東栄駅の写真も多くて、ちゃちゃカフェの仲間たちもモデルに起用してくれちゃってありがたいことです。

           

           

           

           

           

          こちらは浜松市の芸術大賞をもらった時の写真です。

           

           

          やるじゃん、相沢さん。

           

          ますます元気で、ちゃちゃカフェのみんなと、相沢さんの古里を撮り続けてくださいね。

          |17:22| - | comments(2) | trackbacks(0) | posted by chachacafe - -
          | 1/48 | >>
          LATEST ENTRY
          ARCHIVE

          (C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.